KPOPアイドルの主な歴史とそのルーツをまとめてみた【7】

歴史

韓国の主な「アイドル」「KPOP」の音楽史のまとめです。

本記事の内容

・KPOPの主な歴代グループ

・KPOPのルーツ

7・K‐POPの今【2019】

(2019)

K‐POP(2019)

2019年にはTWICE所属の「JYP」からITZY、BTS所属の「Big Hit」からTXTがデビューし、話題をさらった。
その他にも様々な後輩アーティストが誕生する。

2019年の主なデビューアーティスト

(割愛あり)

Cherry Bullet


[MV] 체리블렛(Cherry Bullet) _ Q&A

ITZY


ITZY “달라달라(DALLA DALLA)” M/V

TXT


TXT (투모로우바이투게더) ‘어느날 머리에서 뿔이 자랐다 (CROWN)’ Official MV

EVERGLOW


EVERGLOW (에버글로우) – Adios MV

AB6IX


AB6IX (에이비식스) ‘BLIND FOR LOVE’ M/V

CIX


CIX (씨아이엑스) – Movie Star M/V

ONEUS


[MV] ONEUS(원어스) _ Valkyrie(발키리)

VERIVERY


VERIVERY – 딱 잘라서 말해 (From Now) MV

X1


X1 (엑스원) ‘FLASH’ MV

公開オーディション「PRODUCE X 101」の合格者11人で結成され、2019年デビュー。

【PRODUCE シリーズの不正操作問題について】

PRODUCE X 101の放送後に「投票操作」の疑惑が浮上したのち、警察による番組の捜査が行われた。

→番組プロデューサー2名が詐欺などの疑いで逮捕される。

→調べに対し、プロデューサーは「PRODUCE 48」「PRODUCE X 101」両番組での順位操作を認める。

この件については様々な意見が飛び交い

2019年12月現在、アイズワン、X1が活動休止状態にあり、メンバーのメンタルケア、運営の対応が求められている。

K‐POPの今「BTS」


BTS (방탄소년단) ‘IDOL’ Official MV

1997年からJYPのプロデューサーとして活躍したパン・シヒョクが、2005年に「Big Hit」エンターテイメントを設立。

→何人かのプロデュースを行ったのち、2013年に「防弾少年団(BTS)」をデビューさせる。

→「BIGBANG」をロールモデルとし、BIGBANGのようにメンバー自身が作曲に積極的に参加した。

→「中小アイドル」と揶揄され、大手事務所に所属していないという劣等感を逆手にとり、若者たちの苦悩、同世代へのメッセージを盛り込んだ楽曲で、若者の共感を呼んだ。

→テレビ出演の機会が得られない代わりに、積極的にSNS、YouTubeを通じてファンを増やした。

→「ARMY」(ファングループ)が世界に拡大。

→アルバムが発表されるたびに音楽やパフォーマンス洗練され、2015年に発表したミニアルバム「花様年華Pt.1」のタイトル曲「I NEED YOU」で、デビューして初めて音楽番組やチャートで1位を獲得。

防弾少年団「花様年華pt.1」

以下、主な功績

→2015年、「花様年華Pt.2』を発売。約30万枚を売り上げ、ビルボード・アルバムチャートに171位でランクイン。

花様年華 Pt. 2

 

花様年華Pt.2

→2016年、「花様年華Young Forever」でビルボード・アルバムチャート107位にランクイン。

「WINGS」では2週連続ビルボード200にチャートイン。

WINGS

 

WINGS

メロンミュージックアワードで「今年のアルバム大賞」を受賞、MAMA2016にて「今年のアーティスト大賞」を受賞し、悲願を達成する。

→2017年、ミニアルバム「LOVE YOURSELF 承“Her”」発売し、ビルボード200に7位でランクイン。

→当時の韓国最高記録を全て塗り替える

→2018年、「LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’」が、ビルボード200で初登場1位を獲得。

アジアのアーティスト史上初の快挙


BTS Takes the Stage with Fake ‘Love’

→BTSの位置付けは、「韓国」から「世界」へと変化した。

KPOPが、国や人種、文化から離れてグローバルなポップ」として認知された瞬間だった。

2020からのKPOP

先人たちが土台を築き、代々切り開いてきたKPOPの文化はついに、音楽のメインストリームに受け入れられた。

そして最近では、日本、中国、欧米出身のスターが活躍する姿が目立っている。

→K-POPのグローバルな拡大に伴い、世界中で「韓国でアーティストデビューしたい」という夢を持つ若い世代が急増しているという背景がある。

例えばJYPでは、このようなプロジェクトを発表し、新グループの2020年11月デビューを予定している。


「Nizi Project」 Press Conference (2019.2.7)

パク・ジニョンPD

今回のプロジェクトの名前は「Nizi Project」です。虹のようにいろんな色の人材を探して、一つのグループにして、美しい光を発するようにすることが目標だからです

日本だけでなく、世界中で勝負できることを目標に、皆さんが誇らしく思えるグローバルグループが誕生できるように最善を尽くします

【虹プロ】パク・ジニョン(J.Y.Park)の名言を厳選してみた

 

最後に・マイケルジャクソンの言葉

最後に、「観る音楽」の文化の基盤を作り上げたとも言えるマイケルジャクソンのこの言葉をもって終わりとさせていただきます。

Michael Jackson

かつてパフォーマーたちは、しばしば不幸な人生を送ったものでした。多くの、本当に偉大な人たちが、プレッシャーやドラッグや、とりわけアルコールに苛まれて、命さえ落としてきたのです。それはとても悲しいことです。

多くの有名人たちが、自分の子供をショー・ビジネスの世界に入れたくないと言っています。僕には彼らの気持ちもわかります。でも、彼らの意見に賛成はしません。もし僕に息子か娘がいたなら、きっとこう言うでしょう。「遠慮なくどうぞ。一歩踏み込んでみて、やりたいと思ったらやりなさい」

僕にとって1番大切なのは、人々を幸せにさせたり、いろいろな問題や悩みから解放してあげたり、彼らの道を照らす手助けをしたりすることです。彼らに「すばらしかった、また来たいな。楽しかったよ」と言われながら、ショーの会場を後にして欲しいのです。僕にとっては、それがパフォーマンスです。

出典

K-POPをもっと深く知りたい方はこちらをどうぞ

(著者は、北海道大学のキム・ソンミン教授)