K-POPアイドルの主な歴史とそのルーツをまとめてみた【5】

歴史

韓国の主な「アイドル」「KPOP」の音楽史のまとめです。

本記事の内容

・KPOPの主な歴代グループ

・KPOPのルーツ

 5・トレンドの急転換

(2014~2018)

トレンドの急転換

主に2014年から、次々と大手事務所からも大型新人が登場し、時代を牽引するKPOPスターの世代交代の波が押し寄せる。

→往年に活躍してきたアーティストは、コンセプトの変更やソロデビューなどで再ヒットを果たす。

(激しいダンスミュージックが主流だったトレンドが変化し、ジャズやR&Bを取り入れたシックな雰囲気のコンセプトが流行した)

2014年〜デビューした主なアーティスト

GOT7


GOT7 - A, 갓세븐 - 에이, Music Core 20140621

2014年、JYPエンターテイメントでデビュー。

1億回の再生回数を記録した最初のJYPエンターテイメントの男性グループになった。

Red Velvet


Red Velvet(레드벨벳) - 'Dumb Dumb' COMEBACK Stage M COUNTDOWN 150910 EP.442

2014年。SMエンターテイメントからデビュー。

→2009年デビューのf(x)の実験性と、少女時代の大衆性を受け継ぎ、斬新なパフォーマンスを試み続ける。

BLACK PINK


BLACKPINK - '붐바야(BOOMBAYAH)' DANCE PRACTICE VIDEO

YGエンターテイメントから2016年にデビュー。

→2NE1の色を受け継ぎ、個性を強く押し出すサウンドを展開する。

→YouTubeでも絶大な人気を誇る。

NCT

2016年、SMエンターテイメントよりデビュー。

→ 派生ユニットは、NCT U、NCT 127、NCT DREM、NCT 2018、WayV。(2019現在)

グループ、メンバー数の制限がないという新たな概念をもった、次世代グループ。

MAMAMOO


[K-Choreo 8K] 마마무 직캠 'HIP' (MAMAMOO Choreography) l @MusicBank 191129

2014年デビュー。

→ 作曲家キム・ドフン自らが育成した初の女性グループ。

→メンバー全員の実力と個性が高いレベルで洗練されており、デビュー以来、リリースされるアルバムは全てヒット。

→ 特に、メンバーの「ファサ」のカリスマ性は同業者からも注目が集まっている。

SEVENTEEN


SEVENTEEN(세븐틴) - 'Mansae' COMEBACK Stage M COUNTDOWN 150910 EP.442

Pledisエンターテインメントより2015年デビュー。

→ 当時としては珍しい13人組という大所帯で展開。

2015年の主なデビューアーティスト

(記事容量の都合上、割愛あります)

【GFRIEND】

【CLC】

No

【OH MY GIRL】

【APRIL】

【DAY6】

【UP10TION】

【DIA】

2016年の主なデビューアーティスト

【ASTRO】

【宇宙少女】

【SF9】

【gugudan】

【MOMOLAND】

【KARD】

2017年の主なデビューアーティスト

【Weki Meki】

【Golden Child】

【THE BOYZ】

2018年の主なデビューアーティスト

【(G)I-DLE】

【公園少女】

【LOONA】

【ATEEZ】

【JBJ95】

(記事容量の都合上、多くの内容を割愛しています)

(第六章へつづく)

K-POPアイドルの歴史まとめ【1987~2019】
K‐POPアイドルの主な歴史とそのルーツをまとめてみた【2】
K-POPアイドルの主な歴史とそのルーツをまとめてみた【3】
K-POPアイドルの主な歴史とそのルーツをまとめてみた【4】
K-POPアイドルの主な歴史とそのルーツをまとめてみた【5】
>>K-POPアイドルの主な歴史とそのルーツをまとめてみた【6】
KPOPアイドルの主な歴史とそのルーツをまとめてみた【7】

K-POPをもっと深く知りたい方はこちらをどうぞ

(著者は、北海道大学のキム・ソンミン教授)