【まずは独学でOK】ダンスを独学で始める方法

「ダンスを踊りたくなったけどまずは独学でやってみたい」

「アイドルやアーティストみたいにカッコよく踊ってみたい」

けど「何から始めればいいのかイメージがつかない、、

このような疑問を持つ方へ向けて記事を書きました。

完全に独学でダンスを始めようとしている方向けです。

本記事の内容

・完全にダンス初心者の人が独学でダンスを始める方法

・ダンスの種類

・具体的なダンスの練習内容

ダンス独学のイメージが掴めると思います。

この記事を書いている僕は独学でダンスをしてきました。

結論、独学でダンスはできますのでご安心ください

動画もあるので、わりと信じてもらえると思います。

(参考・BTSのコピーダンス)


BTS_防弾少年団_IDOL_dance cover

iKON – ‘죽겠다(KILLING ME)’ dance cover

まずはダンスの全体像を掴む

f:id:coral_y:20200327221451p:plain

まずは、「ダンスにはざっくりどんなジャンルがあるのか」を知ることでダンスの全体像を掴むのがいいと思います。

ここに関しては、詳しくまとめられているサイトがあるので是非ご覧ください。

yuunosuke-dance.com

ちなみにおすすめは「POPPIN」(ポッピン)という種類のダンスです。

(「ポップ」とも呼ばれます)

「ムーンウォーク 」や「ロボットダンス」など、見ていて不思議なダンスはPOPIINに分類されています。

世間的には「マイナーなジャンル」という感じですが、すごく楽しいダンスです。

(韓国の代表的POPダンサーの動画を貼っておきます)

HOAN(ホアン)


Dongbang Battle Vol.13 Judge Show – Hoan(Winners, Mo` Higher)

Dokyun


DOKYUN Practice Clip (2017)

HOZIN


Hozin (Judge showcase) Top D vol.3 Russia

 

POPPPINはヒット(筋肉を弾くこと)やアイソレーション(体の各部位を独立して動かすこと)をよく使う感じなので、POPPINのスキルはダンス全体の基礎ということもできるのでおすすめです。

完全初心者の方だと、用語を並べられて訳がわからないと思いますが、楽しく踊っているうちに覚えていくので特に勉強はいらないので大丈夫です。

好きなアイドルの名前と顔を自然に覚えるのと全く同じです。

※主なダンスの種類(参考)

HIPHOP(ヒップホップ)


ヒップホップダンスバトル

WAACK(ワックダンス)


CHRISSY Waacking ‘Hideaway’ in Ximen, Taipei | YAK FILMS

LOCK(ロックダンス)


Level Ⅳ (GOGO BROTHERS + Hilty & Bosch) – SDR (Studio Dance Rehearsal)

HOUSE(ハウスダンス)


SHUHO vs PInO BEST4 HOUSE DANCE ALIVE HERO’S 2018

BREAKIN(ブレイクダンス)


【ブレイクダンス】めちゃくちゃヤバい!?もはや人間技と思えない!!【衝撃】Impact video of break dance【breakdance】

ダンスを独学で練習する具体的方法

f:id:coral_y:20200327221459j:plain

動画を活用してダンスを練習する

ダンスを独学する場合は動画から学びましょう。

YouTubeで「ダンス 練習」「ダンス 基礎」などで検索すると、有名ダンサーのダンスの解説動画を無料で見ることができます。

(特に、YouTubeの「ライジングダンススクール」は有名です)

www.youtube.com

自分の場合は「YouTube動画」と「KPOPのダンス動画を何回もリピート再生してコピーする」、そして「ダンスの教本を買う」という方法で独学しました。

教本はDVDでよくわかる! ダンス・スタイル・ベーシック (DVD付) (リットーミュージック・ムック)という本で、

自分はこれで「ロックダンス」と「ハウスダンス」の基礎ステップを習得しました。

個人的に教本の良さは、「一流ダンス講師のインタビュー・アドバイスが収録されていること」だと思います。

技術的な面の他にも、ダンス上達のヒントやモチベの保ち方も得ることができるのでおすすめです。

ヒップホップ・ポップ・ロック・ハウスの4ジャンルの基礎が学べる教本

コピーダンスは独学の練習としてあり

スクールでは、先生から振り付けを教えてもらえる機会があります。

ダンスの独学だとその機会がないというデメリットがありますが、
アーティストの振り付け動画を見てダンスを真似する「コピーダンス」をすることによって、動きの引き出しを増やしたりダンスに慣れていくことができます。

動画を何回も見てそれを真似するのは最初はかなり時間はかかりますが、おすすめです。

また、動画でコピーダンスをする際にはウゴトルという神アプリがありますので是非活用してください

www.ugotoru.com

独学でも基礎は大切な件

ダンスは自由に楽しむものだと思いますが、

結局、基礎を疎かにするとかっこよく楽しく踊れるようになりません。

基礎を飛ばすと、「鏡では良い感じなのに動画だと下手」「カッコよく踊りたいのになんかダサいな」という現象から逃れることができなくなります。

具体的にダンス基礎とは何かというと、

・アイソレーション

・筋トレ

・基礎的なステップ

このあたりです。

※アイソレーションとは

身体の各部位を独立して動かす技術です。

首なら首だけ、胸なら胸だけ、という感じで、「体の一部分だけを独立して、かつ可動域を大きく」動かすことができれば、ダンスの表現の幅が広がり、カッコよく踊ることができます。

アイソレは自宅でもコンビニでもどこでもできるので、常に練習するのがおすすめです。


【ダンスレクチャー】ダンスに必要なアイソレーションを徹底解説!

※筋トレの重要性

筋トレをして体幹を鍛えることによって、「軸がブレないキレキレなダンス」をすることができます。

ダンスの「無重力感」は、体幹によって表現することが可能です。

あと、シンプルに体型がカッコいい人のダンスはやはりかっこいいです。

※基礎的なステップ

ダンスには各ジャンルに基礎の動きがあり、それぞれに名前がついています。
ダンスの共通言語みたいなものです。

(例)「ランニングマン」「クラブステップ」「ボックスステップ」

これらを一つ一つ着実にマスターしていくことによって、ダンスは上達していきます。

アイドルやアーティストの振り付けを真似する「コピーダンス」も楽しいのですが、このような振り付けのベースは、「基礎ステップの組み合わせや応用」であることがほとんどです。

たとえば、KPOPの踊りなら「ヒップホップ」や「ヒップホップジャズ」の基礎を学ぶと踊りやすくなると思います。

(振付師の人がそのジャンルを基礎としていることが多いので)


[CHOREOGRAPHY] BTS (방탄소년단) ‘IDOL’ Dance Practice

基礎的な部分をきちんと練習しておくと、コピーダンスの振り付けの習得速度が早くなったりするのでもっと楽しくなると思います。

例えば下記のダンスバトル動画の、右側の黒い帽子のダンサー(KITEさん)は、POPダンサーですがブレイクダンスワックダンスなどの動きもできるので、引き出しが多いダンスで会場を沸かせています。


NORI & TEE vs KITE & TAISUKE Final | Funky Stadium 2016.07.03 | UGcrapht×Funky Stadium

また、有名ダンサーのワークショップでは基礎ステップができること前提で振り付けの写しが進んだりするので、いざ「ワークショップ受けたいな〜」と思って参加してもついていけなくなってしまいます。

基礎ステップはマスターしておいて損はないと思います。


名前も分かる ヒップホップダンス基本ステップ大全集 20種類を一気見せ

 ダンスの練習場所について

独学でダンスをする際には、「どこで練習するか」は悩むところだと思います。

ここで、ダンスを練習できる場所を主に3つ紹介します。

・自宅で踊る

・公園で踊る

・スタジオを借りる

自宅で踊る

メリット・気軽に練習できる

デメリット・スペースが狭いと練習内容が限られる

ダンスは自宅でも練習できます。

「アイソレーション」などの基礎的な練習であれば、狭いスペースでも十分可能だからです。

鏡とスペース・そして防音環境を整えることによって、

がんばれば自宅をダンススタジオがわりにできます。

自分は部屋を改造しました。

f:id:coral_y:20200327221504j:plain
自宅に設置した鏡

公園で踊る

メリット・広いスペースでのびのびと踊れる

デメリット・鏡が無いと練習内容が限られてくる

公園では、のびのびとダンス練習をすることができます。

近所に踊れる公園(できれば鏡あり)がないか探してみましょう。

ちなみに大阪限定の情報になりますが、

大阪で鏡ありの練習場所なら、
「長居公園のヤンマースタジアムの入り口」

「難波 OCATのダンスの聖地」

「なんばパークス」

が有名です。

(おすすめは長居公園です)

スタジオを借りる

メリット・練習がはかどる

デメリット・お金がかかる

ダンスの練習をする際には鏡のあるスタジオを借りるのも手です。

レンタルスタジオや貸しスペースを探してみましょう。

他にも、「公民館の部屋を借りる」のもありです。

www.instabase.jp

まずは独学でOK

個人的意見として、スクールに行かなくてもダンスは上達できます。

最初は「憧れの人の動画を見て真似して楽しむ」だけでいいのではないかと思います。

ダンスに興味を持つということは、「この人かっこいいな」「これを自分もやってみたい!」 というきっかけがあるはずです。

ダンスはその「ダンスが楽しい」「ダンスが好き」「こんなふうになりたい」という感情があれば自然に自発的に踊りまくって上達していきます。

義務的に「スクールに行かないとダメなのかな、、」「基礎もやらないとダメなのかな」と悩んでいる場合は、「まだその時ではない」ということだと思います。

独学で踊るうちに「もっと極めたい」という欲が出てくれば、悩むことなくスクールに申し込んだり基礎トレーニングをきっちり練習したりできると思いますので、まずは憧れの人になりきってダンス欲を高めていきましょう。

毎日好きなように踊っていれば、スキルはあとからついてきます!