【K-POP】アイドルになりたい夢を親に言えない時の対処法5つ

K-POPアイドルになりたいけど、それをまだ親に言えていません。

 

ダンスも歌も未経験だし、言ってもまともに聞いてもらえなさそう、、

 

どうやったら夢を親に話して応援してもらえるのでしょうか?

このような悩みに応えていきます。

想定読者

K-POPアイドルになる夢がある中学生
ダンスや歌・韓国語は未経験
親に「K-POPアイドルになりたい」と言えない

記事の内容

  • K-POPアイドルになりたい夢を親に言えない時の対処法
  • 親を説得したK-POPアイドルのエピソード

【K-POP】アイドルになりたい夢を親に言えない時の対処法

対処法の結論は、「自分と親の不安を取り除くこと」です。

自分が親にK-POPアイドルになる夢を言えないのは、それだけ説得力のない自分に不安があるからです。

親が子供に「K-POPアイドルになるのはやめなさい」と言うのは、それだけ子供の将来に不安があるからです。

親に自分の夢を言えないなら、それは仕方のないことです。であれば、

自分の思いや言葉に説得力を持たせ、親の持っている不安を取り除くこと。

これができれば、「K-POPアイドルを目指したい」という自分の夢を堂々と親に伝え、応援してもらえるようになるでしょう。

下記で、その具体的な方法を紹介します。

実績を出してから説得する

ダンスも歌も未経験な状態で「K-POPアイドルになりたい」と親に言うと、「あなたには無理だよ」と言われる可能性が高いはずです。

なぜなら、言うだけなら誰でもできるからで、その言葉に根拠がないからです。

K-POPアイドルになりたい。自分はオーディションも合格したし、ダンスでも入賞したから

という実績つきで説得されたら、

「その熱意が結果にも現れてるなら相当な意思があるんだな」

と親も思うでしょう。

ですので、初心者や未経験であることにメリットはなく、まずはしっかりとスキルを磨いて、実績を出してから夢を親に伝えても遅くはありません。

実績とは、例えば下記のようなものです。

  • 歌やダンスコンテストで入賞している
  • パフォーマンスが周りの人に褒められることが多い
  • K-POP事務所にスカウトされる
  • オーディションの審査に通過することが多い
  • 誰が見ても分かるほどスキルが上達している

上記のような実績があるということは、アイドルという道にかなり適性があることを反映しています。

K-POPアイドルになるために学校を中退したスターも、ダンススタジオ出身だったり、「オーディションに合格してから」やめている人がほとんどです。

言葉ではなく行動で誠意を見せる

「実績はないけど、近々開催されるK-POPのオーディションを受けたいから親を説得しないといけない、、」

こういう場合は、普段の行動で誠意を見せるのが効果的です。

口では「頑張る!」と言っていても、普段からずっとスマホを見たりしてダラダラしている人がいたら、その人は信頼されません。

誠実とは、例えば下記のような行動です。

  • 言ったことはやる。やらないことは言わない
  • 人の悪口を言わない
  • SNSで愚痴や本音を書きすぎない(見る人は見ているから)
  • いつも頑張っているのが周りに見える
  • 人が見ていないところでも行動する

こういった行動を普段からしていれば、その態度は親にも伝わりますし、「K-POPアイドルのオーディションを受けたい」という要望に関しても応援してもらえるかもしれません。

誠実な行動は、言葉よりも人の心を動かします。なぜなら、そこに嘘がないからです。

もし周りにいる100人中100人があなたを認めていなくても、最後の1人である「あなた自身」だけは自分を信じて行動し続けましょう。他人から見て素晴らしいことは、自分から見ても偉業です。

あくまで習い事から始める

ダンスや歌が未経験であれば、まずはに「ダンススタジオなどでプロに習う」のもありです。

「ダンス/ボーカルスクールに通いたい」という願望であれば、親にとっても「熱中できるものがあるのはいいことだ」となるので、習わせてくれるかもしれません。

(友達と一緒に始めるのもありです)

いくらK-POPアイドルになりたくても、スキルも実績もなければ、どうにもならない。であれば、まずは習い事にするのもありです。

まずは実力を磨くことに専念すれば、その後のオーディションも堂々と受けられるようになるし、親に「K-POPアイドルになりたい」という夢を言えるようにもなるでしょう。

例えばTWICEのミナは、ダンススタジオに所属しており、そこからK-POPオーディションのチャンスを掴んでいます。

参考・日本でK-POP練習生としてトレーニングする機会

日本でK-POP練習生になれるという斬新なオーディションもあるので、参考にしてください。

(限られた条件の人しかオーディションを受けられないので注意が必要です)

特色の一部

ダンス・歌・韓国語を基礎からプロが指導
K-POPデビューのためのオーディションへの参加

BLACKPINKの指導経験があるトレーナーからのプロデュース

>>K-POP PROJECT by mirai-pro【K-POP新人練習生オーディション】

プランBを用意する

普通に考えれば、K-POPアイドルになる夢を追うと学校を中退するリスクもあるわけですから、親にしてみればそういうリスクを子供に背負わせたくはないはずです。

そういった親を説得するには、「堅実な道も用意しながら、同時に夢も追う」と約束することは必要になってきます。

プランBという保険があることで、「アイドルの夢がダメでもプランBがあるから、挑戦してみればいい」という心理的安心を担保できます。

それに、実績のないうちから学校を中退し、K-POPアイドルになれなかった場合に困るのは親ではなく、自分自身です。

K-POPアイドルの多くも、過去に練習生をやりながら学校に通っている事実があります。

アイドルに絶対になれる強い確信がない場合、やはりプランBは用意しておいた方が安心です。

不安を解消してくれるのは、やっぱり努力と結果しかない

実績がないから困ってたんだけど、、

こう思われた方もいるかもしれません、しかし、

周りの人を認めさせる有効な手段は、言葉だけよりも行動や結果で証明することです。

「この子はむしろアイドルにならない進路のほうが難しい」くらいの証明をしないと、無謀なギャンブルをするようなものだからです。

誰にもわかってもらえない現状は、乗り越えなければならない試練なのかもしれません。

チャンスを掴む人は、実績がない時の苦しみ、不安を乗り越えている

いきなりパッと天才が現れてオーディションに合格しているように見えることもありますが、そういう人の過去をよく調べると、

過去にオーディションに50回以上落ちていたり、スランプがあったりいろいろな活動をしていた背景が浮かび上がることが多いです。

99回絶望して100回目でようやくチャンスを掴んでも、周りから見れば簡単にできたように見えてしまいます。

「練習だけが自信の現れである」

 

パン・シヒョク代表(Big HItエンターテイメント)

あなたが憧れるアイドルはきっとこう言う

あなたがなりたいアイドルが、あなたのことをもし知ったらきっとこう言うでしょう。

あなたが今、本当に孤独で苦しいという気持ちはよくわかります。私もそうだったから。

 

でも、そこで諦めずにコツコツ努力してきたから、私は今ここにいます。

 

「やるか、やらないか」で迷って、やる方を常に選んだ未来のあなたが、私です。

 

「やらない」を選び続けても、夢は叶いません。

あなたも、私のように諦めずにいつか夢を掴んでください。

ダンスや歌が未経験なら、環境づくりがオススメ

自分に自信をつけたいなら、習い事を始めたり、ダンスや歌のレッスンを受けることで今すぐに環境を作るのがオススメです。

なぜなら、数年で経験者との差を埋めるためには、プロの指導者と、サボれない環境が必要不可欠だからです。

1人で練習する場合、先生もいないしサボり放題なので、ほぼ間違いなく怠けてしまうでしょう。

とにかく環境が大事です。逃げ道のない環境に飛び込まないと、サボって何もしないまま泣くほど後悔するので、オススメできません。今の学生に切実に伝えたいメッセージです。

韓国に留学する場合のオススメのダンススタジオ

K-POPアイドルを目指す人が逃げ道を断つ究極の方法が、韓国に渡ってしまう。ということです。

韓国本場でダンス留学を行う場合、首都ソウルに位置する「1MILLIONダンススタジオ」がオススメです。

TWICEのTTの振付師「リア・キム」をはじめとする実力派インストラクターが集う一流ダンススタジオで、

世界のK-POPダンスというものを生身で体感できるスペシャルな空間です。

制限などはなく、誰でもレッスンを受けられます。

参考・1MILLIONのオンラインレッスンのチャンス

「1MILLION DANCE STUDIO」によるオンラインレッスンが開講しています。

韓国に行かないと教われなかったK-POPの振付師のノウハウを吸収できるというのは、かなりのレアチャンスです。

現在リア・キムからオンラインでダンスの基礎を教われますので、「未経験だけどとりあえず基礎だけは学んでおこうかな」という方は参考にしてください。

>>オンラインクラス詳細(リアキムと検索してください)

夢を掴んだ新世代の日本人アイドル

EXIDの編成スタッフがプロデュースしているK-POPスターTRI.BEの日本人メンバーであるミレも、夢を人に言うことが怖かったそうです。

親にも反対されていましたが、熱い思いと誠実な行動によって親を説得して見事オーディションに合格しています。

ミレ(TRI.BE)

 

「夢を否定されるのが怖くて、なかなか人に言えなかったんです。でも、SNSで韓国の事務所の練習生になりたい人たちのアカウントを見つけて、同じように韓国アイドルを目指している人がたくさんいることを知って。『私も全力で夢を追いかけよう!』とモチベーションが上がりました」

 

「ひとりで海外に行ったこともなく、100%デビューできるわけでもないのに『学校も全部諦めて韓国に行くのは危ないんじゃないか?』という心配から、当初お母さんは反対していました。毎日一生懸命練習して『全力で頑張るから、一回韓国に行かせて!』と説得しているうちに『一度きりの人生だから、行ってごらん』と賛成してもらえたんです」

 

「韓国アイドルになりたいという夢を思い描く前、ダンスバトルにたくさん出ていたんですよ。そのバトルで優勝や準優勝を勝ち取ったときは、毎日ダンスの練習していました。だから、努力を続けていけばいつかは夢が叶うはずだと自分を信じていました。この経験が、練習生生活のモチベーションになっていたんだと思います」

  
【引用元】
ELLEgirl インタビュー
>>ELLEgirlインタビュー

親を説得したK-POPアイドルのエピソード

実際に夢を叶えたK-POPアイドルでも、過去に親に反対された経験のある人もいます。

下記で、そのいくつかの事例を紹介しています。

BTS-SUGA 

BTSのSUGAは、夢を親に反対されていました。

大学進学を押し付けられる怒り、朝方まで曲を作る生活の中で何度も両親と対立したことなどをラップにしている事がわかる。

両親だけでなく周囲に揶揄されながら1人ソウルへ赴き、大都会カンナムで始まった練習生生活。SUGAはキツいトレーニングに加え、生活費・学費がなく朝方のバイトまで始める(朝方の配達のアルバイト中に交通事故に遭って大怪我をしたことでバイトをしていたことが事務所に発覚し、事務所が学費を払ってくれるようになったそうだ)

 

出典:BTS・SUGA、寄り添い救う苦しみと孤独 壮絶過去、想像以上の飛躍とこれから

夢を周りからバカにされ、両親にも反対されながらも、作曲活動しながらようやくオーディションに合格し、生活費がないからバイトまでやっていたようです。

考えるだけでもキツそうですが、この努力の末、SUGAはBighitエンターテイメントのオーディションを2位の実力で突破しています。

やはりチャンスを掴めるのは、諦めずに準備をしてきた人なのでしょう。

TWICE-ナヨン

TWICEのナヨンも、両親の強い反対にあっていたことで有名です。

幼い頃、JYPエンターテイメントにスカウトされましたが、母親の反対で諦めたようです。

その後、「自分が一番幸せなことは何か」と考えた時に、歌って踊っている時が一番ワクワクしたので、それに気付いた時、親に内緒で2010年のオーディションを受けて合格したそうです。

BIGBANG-テソン

BIGBANGのテソン(D-LITE)は、YGエンターテイメントで唯一毎日通学する練習生だったそうです。

自伝の内容によると、

「歌手になりたい」と父親に言ったとき、「勉強する時期に歌手になるなど絶対に許さん」と反対され、寂しさに襲われたと言います。

その後家出まで決意しますが、ようやく許可が出てYGエンターテイメントのオーディションに合格して練習生になります。

学校を欠席しない。なにがあっても23時までには帰宅する。

この条件のもと、学校に毎日通いながら練習生もこなしていたといいます。

「一度反対されても諦めない」という姿勢がなかったら、歌手デビューもできなかったのかもしれません。

>>K-POP大手事務所が公開した練習生の1日スケジュールを紹介【公式】

出典:世界に君を叫べ

まとめ

K-POPアイドルになる夢を応援してもらうためには、一方的に「わかって欲しい!」という態度で親を説得するのはなく、「親も不安なんだ」という事実を受けいれた上で、実績を証明したり、誠実な態度を心がける必要があります。

自分の夢を説得することだけに囚われていると、親も不安であることが見えないので思い通りにいかない可能性は高いです。

 

「親が不安なく応援できる自分になるにはどうすればいいだろう」という視点を持つことが、夢を言えるようになる第一歩になります。

 悲しいことに、ほとんどの人は「口だけでやらない人」で終わります。

でも、そうなったら、1番自分が悔しい思いをするし、批判者から「ほら、やっぱり口だけじゃん」と言われてしまいます。

批判的な声に負けて行動しなかったら、そうなってしまうのです。

リモートでのダンスレッスン【新時代】

今まではダンス練習方法は「レッスンに行くか動画で独学か」しかなかったのですが、

リモートで先生からマンツーマンで指導してもらう。という今までになかった形があります。

「スポとも」というサービスは、リモートでプロから悩み解決やダンス指導をしてもらえるという画期的なものです。

スポともの主な特色

BTSのバックダンサー経験者などが集う、プロ講師陣の高い信頼性
KPOP、HIPHOP、JAZZ、など、K-POPダンスを上達したい人に最適なレッスン
ダンスの成果を披露できるオンライン発表会
未経験者から上達する生徒多数(初心者におすすめ)
好きな時間を選んで受講できる

>>どんな感じか気になる方は、お試しの無料体験レッスンをどうぞ

関連

>>JYPが求める人材の魅力とは何か【オーディションに受かる人】

>>SNSを使ってスカウトされる方法【韓国芸能事務所】