【K-POP】アイドルになる夢を親に言えない時の対処法【なりたい→なる】

いずれK-POPアイドルになるけど、それをまだ親に言えていません。

ダンスも歌も未経験だし、言ってもまともに聞いてもらえなさそう、、

どうやったら夢を親に話して応援してもらえるのでしょうか?

このような悩みに応えていきます。

(この記事は近々削除する予定です。もしなくなったら困る方がいればコメントください!。削除しない方針を検討します)

想定読者

舞台で歌って踊るスターになって歓声を浴びる夢がある中学生
ダンスや歌・韓国語はまだ本格的に練習していない
親に「K-POPアイドルになる」と言えない

記事の内容

K-POPアイドルになりたい夢を親に言えない時の対処法

親を説得したK-POPアイドルのエピソード

目次

【K-POP】アイドルになる夢を親に言えない時の対処法【なりたい→なる】

対処法の結論は、「自分がアイドルになるイメージが明確ならアイドルの道に突き進む」「未来のイメージが見えないならアイドルは諦める」です。

つまり、自己分析と情報収集を本気でやることです。

幼少期のトラウマなど、心のかなり深いところに「親に夢を言えない原因」が隠れている可能性もありますが、(そこについては記事の後半ですこし解説していますが)その場合は専門のカウンセラーに相談することが重要です。

自分が親にK-POPアイドルになる夢を言えないのは、自分が未来で成功するイメージが湧かないからです。

親が子供に「K-POPアイドルになるのはやめなさい」と言うのは、それだけ子供がK-POPアイドルになるイメージが湧かないからです。

今のあなたに、120%アイドルになる確信と、それを裏付ける才能しかないならどうでしょうか。

親に反対されるリスクがあったとしても、「絶対になるんだからこんなことでモタついてられない」と、今すぐ親に自分の夢を宣言し行動するはずです。

K-POPスターTWICEのナヨンはまさにこのタイプで、親に夢を反対されていましたが自分の道への確信がありオーディションを受けて突破し世界的スターになりました。

何かしらの不安要素があるからこそ、「親に自分の夢を言えない」という状況が発生するわけです。

親に自分の夢を言えないなら、それは仕方のないことです。であれば、

自分の思いや言葉に説得力を持たせ、親の持っている不安を取り除くこと。

これができれば、「K-POPアイドルになる」という自分の未来を堂々と親に伝え、応援してもらえるようになるでしょう。

下記で、その具体的な方法や知識を紹介します。

夢を追うのはギャンブルではなく、戦略による圧倒的な勝利である必要があります。

「なれるかどうかわからないし武器もない」という状態で夢を追うのは、社会で働くことから逃げて楽がしたいだけのニートのような自殺行為なのでオススメできません。

あなたと同世代のK-POP練習生はすでに数えきれないほど控えています。その人たちをぶっちぎれる才能やスキルや伸び代はあるのか?

そこが問われている部分です。

親に言えない苦しみはつらいけれども

スターになれないのは親のせいではありません。(直接的には)

スターに近づけないのは、環境を変えようと動かない当人の責任ではないでしょうか。

親が居なくとも、自分の道は自分の行動で切り開くことはできるのです。

「まともに相手にしてくれない親がムカつく!!」と愚痴るのは構いません。親が夢をバカにして信じてくれないのは実際腹が立つことです。

本当に精神がつらい時は逃げることも大事です。他人と比較して足りない自分を呪う日もあるでしょう。

努力しても、アイドルになれる保証はありません。

でも、「K-POPアイドルになれないのは親のせいだ!」というのはちょっと違います。

当人の日々のサボりの積み重ねが、欲求不満の虚しさを生むのです。

自分の努力で変えられる現実からは、逃げてはならないのです。

たった一回のサボりがなければ手にできた成果を捨てるのは、サボった自分以外の誰でもありません。

そこは分けて考えたほうがいいかもしれません。

本気を出せない人が本気になるスイッチを押す方法

よく「ダイエットの神が降りた!」という表現でびっくりするほどダイエットが成功する人がいますが、

ああいう人たちみたいな本気スイッチを押す方法を世の中の人は割と知りません。

その方法は下記の通りです。

  • ゆるぎない勝ち筋を見つける(120%の確信はモチベの命。これがないと始まらない)
  • 誘惑を徹底的に排除する(誘惑を捨てられない人は99%自滅人生確定※重要)
  • 現実を直視する(現場が正義)(頭ではなく細胞全体に現実をわからせる)

ここに関しては記事の後半で詳しく解説します。

最大の価値は、あなたが今10代であるということである

10代は、何者にでもなれます。夢を追い放題、失敗もし放題です。いくらでもリカバリーできる年齢です。

今からダンスや歌、ピアノ、ギターなどを始めれば20代でプロ並みになります。

今から英語を勉強しても20代にはかなりのレベルになれます。

2020年に10代の人は2030年でもまだ20代。これほど価値あることはありません。

成功者の多くは10代から下積みを開始して20代で成功し始めます。

30歳以上になってからその価値に気づいても、もう遅いんです。その頃には若さがなくなってきて、親も衰えて頼れるような年齢ではなくなります。世の中の成功者は年下ばかりになります。精神的、肉体的、時間的、あらゆる面で夢を追うことは厳しくなります。

10代、20代の時間をおろそかにすると、30を超えたとたんに「もう人生に若さと時間がない」という圧倒的現実に直面するのです。

だからこそ、10代の今から環境を変え、夢を叶える行動を始めることが重要です。

30歳を超えてからその重要性に気づくのは遅すぎるのです。

アイドルになれなくても、自分を好きになること(自信を持つ)ことはできる

「アイドルになる!」と言っている人は、実は「自分を好きになる!」という願いを持っています。

人間は誰でも、「自分は誰かの役に立っているんだ」という存在の証明感と居場所を求めているのです。

人目を気にせずステージに立つためは自信が必要です。

ステージ上での圧倒的自信をつけるために歌やダンスを練習します。

だからアイドルになれなくても、その努力は無駄になりません。努力は自信を作るからです。

アイドルになることは単なる過程です。

あなたが求めるのは、自分の仕事で人の役に立ち存在を認められることです。

努力も大事だが、才能も必須条件

アイドルになるには努力が必須ですが、それと同じくらい才能も必須条件です。

まずは病気のない健康な肉体はもちろん、「勝たないと気が済まない」という異常なほどの負けず嫌いな性格、成功を求める欲求も必要です。 

他の人にはない抜きん出たセンスやルックス(トップアイドルの場合)、コミュニケーションスキルも必要です。

親の教育や、持っている知識も結構重要です。育ってきた人格や持っている知識は練習への態度やダンス、歌にそのまま反映されるからです。

たまに「アイドルになりたいわけでもないけどそれしか向いてる職業がなかった」という理由でアイドルになる人もいますが、それも才能です。それだけ周りの人にはないカリスマ性があるということです。

そういう意味では、あなたがアイドルになれるかどうかはある程度予測可能と考えることもできます。

絶望的に体が弱い、などの致命的なことがある場合は、アイドルへの執着を断つところから始めて、もっと現実的な道を探すのもありでしょう。

(体が弱くとも歌の才能が世界レベルなら、素性を隠し顔出しなしでYouTuberになれば成功するというパターンもあります)

親からの教育や人格形成に問題がある場合(現実を直視できない性格はアイドルに向いていない)は、まずはそこから治していく必要があるかもしれません。

説得方法①実績を出してから説得する(自己満ではなく、周りの評価)

ダンスも歌も未経験な状態で「K-POPアイドルになる」と親に言うと、「あなたには無理だよ」と言われる可能性が高いです。

なぜなら、言うだけなら誰でもできるからで、その言葉に根拠がないからです。

K-POPアイドルになる。自分はオーディションも合格したし、ダンスでも入賞したから

という実績つきで説得されたら、

「その熱意が結果にも現れてるなら相当な意思、そして適正があるんだな」

と親も思うはずです。

ですので、初心者や未経験であることにメリットはなく、まずはしっかりとスキルを磨いて、実績を出してから夢を親に伝えても遅くはありません。

すべてのアイドルは、最初は実績が0歌もダンス下手くそなところから練習して実績を積んできています。

アイドルになる人は、当たり前ですが必ず実績を開花させます。なぜならアイドルになるからです。なることはもう確定前提でなければ成りようがないです。
忖度なく「この人は最高だ」と本音で言わせてなんぼです。

実績とは、例えば下記のようなものです。

  • 歌やダンスコンテストで入賞している
  • 「かっこいい・天才・すごい・センスいい」など、憧れの言葉をよく言われる
  • パフォーマンスが周りの人に褒められることが多い(重要)
  • K-POP事務所にスカウトされている
  • オーディションの審査に通過することが多い
  • 周りの人よりも成長が早い

上記のような実績があるということは、アイドルという道に適性、才能があることを反映しています。

逆に、どんなに頑張っても誰からも評価されないのであれば、残酷ですがアイドルは諦めるのが賢明です。

向いていないことより得意で評価されることに時間を注がないとあとで後悔します。

周りは実績を見て簡単に手のひらを返す

売れる前は見向きもされなかった人が、結果を出した瞬間に多くの人に祝福されることがよくあります。

実際のK-POPアイドルでも「デビュー前は誰にも見向きもされなかった」(K-POPグループgugudanハナのインタビュー)と語っていますし、実績を出す前の過程というのはなかなか人は注目しません。

BTSも、最初は誰にも見向きもされない弱小アイドルでした。

あなたの親が「K-POPアイドルなんて無理だよ」という場合も、やはり目に見える実績がないというのが大きいはずです。

周りに評価されないからと腐っては元も子もないので、悔しさをバネにして圧倒的な結果を出しすべてを見返してやりましょう。

結果さえ出せば全てが変わります。「苦しい時も諦めなくてよかった!!」と心から思うでしょう。

それを可能にできるかどうかは、今のあなたの覚悟の強さと努力量にかかっています。

この世界では、美人の方が圧倒的にモテます。才能があり世の中に貢献する人の方が多くのファンとお金を得ます。

オーディションは、限られた人しか合格しません。

一部の人だけが栄光を勝ち取り、他は見向きもされない。残酷です。もはやこれは勝つか死ぬかの戦争です。

しかし、それでいいのです。(才能ある人にはアンチも多いです。良いことばかりではありません)

誰にも負けないそれぞれの得意分野で勝負して、同じように実績を勝ち取れば良いのですから。

勝負する土俵は1つではありません。

実績や結果を見てその人を判断するのは、良いか悪いかではなく、当たり前のことなのかもしれません。

信頼できるブランドや商品じゃないと、安心して買えないのと同じです。

K-POPスターには、「あの人の真似をしたい」と憧れの対象に思われる魅力があります。

人々に感動と熱狂、尊敬憧れや希望を与えるのがアーティストの仕事です。

周りを圧倒する存在でなければ、歓声を浴びることはできません。

やはりそういう魅力のある人がオーディションでも強いですし、「誰かに真似される」ということは、あなたに魅力がある証拠です。

ただ、コピーはオリジナルを超えることはできません。なぜなら、コピーは単にオリジナルを模倣することにすぎないため、オリジナルの経験にもとづいた発想がないからです。

  

例えばBLACKPINKのコピーダンスが完璧に踊れたとしても、ほぼBLACKPINK(オリジナル)の株が上がります。

コピーは一時的には評価されると思いますが、見る人はほぼ、本物のBLACKPINKがすごいと再確認するだけです。

過去のBLACKPINKを真似している間に、すでにBLACKPINK(オリジナル)は新曲を作って新たなことを始めているのです。

 

あなた自身の表現をすごいと思わせる魅力がどこかにないと、アイドルになることができません。

 

BLACKPINKのダンスを踊っていても、踊りのクセを見れば一発でその人だと分かるような魅力(味)がある感じです。

   

ロールモデルのスタイルをコピーしつつも、そのままアウトプットするのではなく、本質を自分の中に落とし込んだ上で改良を加え自分だけの色を出せるようになると実績を出しやすいかもしれません。

「ちゃんと実績を出してから親を説得する」「自分を分析してアイドルが向いていないなら一旦諦めて現実的な将来にむけて準備する」というのが現時点での結論です。


※記事の後半は、「サバイバルを勝ち抜くための自己分析のヒント」「つらい下積み時代のメンタルの保ち方」を中心に解説しています。10代には難易度が高い内容もありますが、疑問点をコメントしていただければ返信できる範囲で返信します。

10代の今からこの考えを真に理解すれば、素敵な20代を過ごせるでしょう。

(自信のない人がこれまでの価値観を塗り替えて自信を獲得するためには、これまで生きてきた年齢の半分の年月が必要だと言われています。15歳なら7年で22歳まで。20歳なら10年で30歳まで。30歳なら15年で45歳までかかります)

行動するのは早ければ早いほどいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です