【体験談】本気で部屋を断捨離した効果を語る【ゲームもやめた】

断捨離の効果を知りたいです。

このような疑問にお答えします。

記事の内容

  • 断捨離した効果
  • 断捨離のコツ
  • おすすめの断捨離方法
断捨離とは、不要な物を減らし、人生に調和を取り戻そうという思想のことです。

今回、私が実際に断捨離をしましたので実体験からその効果をお伝えしていきます。

下記が断捨離した結果の部屋の様子になります。

「断捨離したわりに物多いな」と思われたかもしれません。

しかし、必ず使うものしか部屋に置いていない状態です。

参考までに、捨てたもの一覧です

・自己啓発本12冊

・いらない服

・他人からもらったいらないもの

・好きなアーティストのCDすべて

・無駄な書類はすべて処分

・バランスボール

・非常食

・学生時代の知り合い

・その他ホビー・フィギア

 

※もの以外

・LINEアカウント削除

・ソシャゲアカウント削除

・Facebookアカウント削除

ちなみに、残したものは下記になります

断捨離後の作業用机

・自己啓発本3冊

・プログラミングの技術本

・ゲーミングチェア

・必要書類

・バックパック1個

・音楽スピーカー

・筋トレセット

・ヨガマット

・全身鏡2点

・MacBook

・Apple Watchとその充電器

・額縁2点

・その他生活必需品

 

※もの以外

・Twitterアカウント

・見る専用のYouTube

・見る専用のインスタ

断捨離して感じた効果を語る(実体験)

「必要なもの以外は捨てる」という断捨離を実行すると、具体的にどんなメリットがあるのかを述べていきます。

衝動買いが明らかに減る

普段から断捨離を実行していると、衝動買いが明らかに減少します。

断捨離によって部屋にあるものが厳選されていることで、新しくものを増やそうとするときに「これは本当に必要なものなのか?」とよく考えるようになります。

自分の場合、例えばハンドスピナーが流行ったときに衝動買いしてしまい、結局「なんで買ったんだろう、、」と冷めるパターンが多かったのですが、断捨離してからそういうことがなくなりました。

何かを買う前に「これは本当に所有する価値があるのか?」「他で代用できないか」という思考を挟める効果は大きいです。

掃除が楽

ここは言うまでもないかもしれませんが、物を減らして部屋のスペースが増えることで掃除が楽になります

部屋にものが散乱していると掃除のモチベーションが下がり、どんどん部屋が汚くなることは想像に難しくありません。

しかし部屋がすっきりしていると、自然に掃除してその状態を維持するようになるし、シンプルに掃除がしやすいです。

探し物が一瞬で見つかる

所有する物を厳選すると、どこに何があるかを把握でき、必要な時にすぐにアクセスできます。

部屋にあるもの全てが、よく使うものだけ。

「あれはどこにあったかな」という思考をする迷い自体がなくなりました。

もし大地震とかが起きても、サッと貴重品を取り出して避難できるのもいい点ですね。

情報の取捨選択が上手くなった。

自分に必要なものといらないものを熟考すると、「これはいると思ってたけどいらないな」というものが結構あります。

いつか使うと溜め込んでいる服、捨てられずにいる他人からもらったお土産、昔好きだった歌手のCD。

以前はこういうものは捨てられなかったのですが、良く考えてみると、日常生活で全く使ってもいないし、「相手に申し訳ないから捨てるべきではない」「思い出の品を捨てるのは躊躇われる」という固定観念に囚われていただけでした。

使わないものをため込んでいても意味がないし、捨てても必要になればまた買えばいいし、相手からもらったものだろうと自分がいらないなら捨てればいいし、過去の思い出より確実に今の方が大事。ほとんどのものは捨てても問題はないのです。

もちろん多少の抵抗感はありますが、こういうものは全部捨てました。

そして「捨てにくいものを捨てる」という経験をしたことによって、自分を縛っていたものが吹っ切れ、断捨離の効果が生活のいろんな場面で得られるようになりました。

ソシャゲをやめることができた

情報の取捨選択が上手くなった効果は、部屋がきれいになること以外にもありました。

4年くらい続けていたスマホゲームをやめれたことです。

自分は今までゲームに5万円くらい課金しており、4年も続けたので「ここでやめたらもったいない」とダラダラと続けてしまっていました。(遊戯王デュエルリンクス)

毎回更新されるログインボーナスや新しいイベントを逃さないために毎日ログインし、ひどい時は朝から晩までソシャゲだけで時間が潰れることもありました。

しかし、「大事なものを捨てる」という思い切った断捨離を実行してから、「このゲームも捨ててしまおう」と思い立ち、データごと消すことに成功しました。

そうしてできた時間で、こうしてブログを書くという有意義な行動ができています。

スマホゲームは2020年10月にやめましたが、2021年1月現在、もう完全にソシャゲのことなど忘れていました。なくても生活に苦がありません。

反生産性に注意

反生産性とは、「便利と思っていたものが逆に生活の質を落としてしまうこと」です。

例えば、スマートウォッチやスマートスピーカーは便利に思えますが、ネットに繋いで充電したりアップデートしなければいけないという労力を考えると、導入しすぎると生活がスマートではなくなる場合もあります。

車も便利に思えますが、維持費や保険代や免許更新、渋滞、ガソリン代などを考慮に入れると、所有しない方がトータルでコスパが良いと言う場合もありえます。

自分の場合、

  • 自己啓発本
  • SNS
  • 過度な禁欲

このあたりが反生産性を引き起こしていました。

自己啓発本を読みすぎて本当にやるべき作業の時間が無くなってしまったり、

SNSで有益な情報を収集するつもりが、ゴシップニュースを吸収する割合の方が多くなってしまったり、

過度な禁欲を自分に科した結果、逆にストレスで欲に負けてしまったり。

このように「有益と思っていたものが逆に生活の質を落としてしまうこと」は日常に潜んでいますが、断捨離をすることによってその罠を見抜く眼が養われました。

SNSの使い方が変わった

世の中のほとんどの人はSNSでリアルの友人とつながっていると思いますが、

現在自分はSNSでリアルの知り合いと全く繋がっていません。

実名登録のFacebookは完全にやめました。

SNSで知り合いと繋がっても、全くメリットがないからです。

「あの人がこういうイベントに参加したらしい」
「あの人の愚痴がタイムラインに流れてきた」
「この人のリツイートがやたら流れてくる」

それを毎日のように吸収しても、何の得にもならないですよね。

(自分が尊敬する人と繋がっていたり、お互いに成長できるなら別ですが)

「みんなの輪から外れたくない」「フォローを外したら嫌われそう」という理由で、ダラダラと微妙な繋がりを続けているとしたら、それは情報の取捨選択が甘いということ。

自分も以前はこういう風に自分がどうありたいかよりも、世間体を重視してしまう傾向があったのですが、

「関わっても何も生まない人と繋がっても得しないな」「SNSのいいねで現実は変わらない」と気づき、リアル用アカウントを削除しました。

嫌な誘いも断れるようになりました。

断捨離というのは、このように「自分基準で生きる練習」にもなります。

パソコンの使い方が変わった

断捨離を実行して部屋をすっきりさせる習慣が身についた結果、パソコンでもその習慣を取り入れることができました。

  • 不要なファイルはすぐ削除
  • ダウンロードしたファイルはあとで捨てやすいように管理
  • 定期的にバックアップ&メンテナンス
  • パスワードはアプリで管理
これを習慣にすることによって、「ファイルがかさばってPCが重くなる」などはなくなりました。

断捨離の効果を高めるコツ

続いては、断捨離のコツや、ものを増やさないテクニックについてお伝えしていきます。

本は電子書籍にする

よほど何回も読むものでない限りは、本はパソコンのキンドルで読むようにしています。

スペースだけを圧迫してホコリをかぶる運命にある本は、ただ邪魔になってしまうからです。

勉強の問題集などはさすがに紙の方が見やすいですが、自己啓発や雑誌、小説などに関してはアプリが読みやすいです。
特に自己啓発本や小説は、むしろパソコンの電子書籍の方が読みやすいのではないでしょうか。
 
Kindleで本を買っている方は試しに下記からアプリをダウンロードして、パソコンでの読みやすさを体感してみてください。
 

MacBookのKindleリーダー

あと、自分は電子メモを使っているので紙のノートも断捨離しました。

>>【地味に便利】電子メモ・ブギーボードがわりと活躍してる件【勉強・仕事に】

音楽もデジタルへ移行する

Download on the App Store

よほどのこだわりがない限りは、音楽を聴くためにCDを所有する必要はありません。

好きなアーティストのCDを所有することが生きがいになっているならそれもありですが、今や音楽はデジタル上で簡単に購入でき、月額聴き放題のサブスクが主流の時代です。

自分の場合、以前は「好きなアーティストの音楽ならCDを所有したい」と思っていましたが、所有しても数ヶ月後には単なる置物と化すことに気づきました。なので音楽はSpotifyで聞いています。

いらない服は即捨てる

「もったいない」というだけで保存している服があるならば、「いつか着る」という機会はまず来ないので、売るか捨てるのが有効な可能性は高いです。

「もらったけど着ていない服」「何年も着ていない服」「ボロボロになったけど保存している服」というのは知らないうちに部屋のスペースを圧迫していき、迷いを増やします。

Appleのスティーブ・ジョブズは毎日同じ服を着ていましたが、あれは着る服に迷うエネルギーによって脳が疲れるのを防ぐためだと言われています。
Facebookのマーク・ザッカーバーグもこう言っています。

実はこれは多くの心理学的な理論に基づいていることで、何を食べるか、何を着るかなどのたとえ小さな決断でも、繰り返し行っているとエネルギーを消費してしまうんだ。
部屋に無駄に保存している服は、それだけで脳を疲れさせ、仕事の生産性を落としてしまうこともあるのです。

人は絶対に変わる

どれだけ過去を大事にしていても、人はかならず歳をとり、変わるものです。

思考・性格・見た目・価値観・環境。これらは我々が思っている以上に変化します。

例えば、2008年以前、スマホが無かった時代の価値観など、さすがにみんな忘れているのではないでしょうか。

かつてガラケーに愛着を持っていた人でも、その愛着を今も持ち続けている事はまずありません。

そしてこれからも、見たこともないような新しい技術や、新しい出会いがあって人は変わっていきます。

過去から続く人やモノとの縁を切るのは冷酷という事はありません。古いものはどんどん切って、新しい縁を享受するだけです。

中途半端な断捨離は甘い

断捨離効果は、中途半端な実行では効果を得られません。

やるなら徹底的にやるべきです。

なぜなら、「心理的に捨てにくいものをキッパリ捨てる」ということをしないと、モノへの執着が残り続けるからです。

例えば、部屋はきれいなのにクローゼットの中は過去のいらないもので埋まっていたら、脳のスペースさえも執着で圧迫されます。

おすすめの断捨離方法について

ここでは、自分が断捨離したものをお金に変えた方法を紹介しています。

アマゾンに大量の不用品を一気に送って収益に

Amazonでは、買取サービスがあります。

>>リコマース宅配買取サービス

Amazonで申し込み→段ボールが家に届く→段ボールに不用品を詰める→業者が家に引き取りに来る→査定→Amazonギフト券ゲット

こういう流れで不用品をお金に変えられます。

自分の場合、メルカリで1000円以下でしか売れなさそうなものや、大量の自己啓発本、CD、家電などは全部段ボールに詰めてアマゾンに送る事で迅速に断捨離を進めました。

これによって大体6~8千円は入ってきたので、捨てる物をお金に変えつつ迅速に断捨離をしたい方は試してみるのもありだと思います。

ブランド品も送れば断捨離が簡単

「買ったわりにイマイチ着こなせてないブランド服」や、「人からもらって捨てられないブランド品」などを買取によって断捨離する場合にも、宅配買取ではやく完了します。

下記で、信頼のある宅配買取サービス3つ紹介しておきます。

バイセル

バイセルは、めざましテレビなどのメディア掲載実績もあるブランド品買取サービスです。

宅配キットに査定をしてもらいたい物を詰めて送るだけで査定してもらえるほか、出張買取という手段も選択できます。

銀蔵

銀蔵は、webで申し込んだあとに自宅に届いた無料宅配キットを、箱につめて送ることによって査定をしてもらえるサービスです。

リピーターも多く、創業15年の信頼あるサービスです。

買取エージェント

買取エージェントも、webで申し込み→無料宅配キットを送る→査定というスタイルです。

年間取扱実績が100億円を突破しているプロ集団で、他所で断られる「訳あり商品」も取り扱ってもらえます。

実体験した断捨離効果まとめ

今回自分が体感した断捨離効果は下記になります。

  • 衝動買いが減る
  • 掃除が楽になる
  • 情報の取捨選択が上手くなる
  • スマホゲームをやめることができた
  • SNSの使い方が変わった
  • 自分基準の生き方ができるようになった

「もったいない」という幻想から解放されたことが大きな効果なのではないかと思います。