NiziProjectでのパク・ジニョン(J.Y.Park)の名言がかなり本質を突いている【虹プロ】

NiziU

出典 NiziU公式サイト https://niziu.com/s/n123/?ima=2522

韓国の大手音楽事務所JYPによって行われた日韓合同オーディション「Nizi Project」。

TWICEや2PMなどを輩出したパク・ジニョンPDが指揮をしているということで世界から注目されていました。

そして2020年6月26日。

1万人超の応募者の中から日本国籍を持つメンバー9人が選出され話題に。

NiziU

NiziU 公式サイト https://niziu.com/s/n123/?ima=2522

 

オーディションの様子は日本の情報番組でも特集され、指揮・審査員である「JYパーク」という人物にも興味を持った人は多かったのではないでしょうか。

今回、このプロジェクトでは数々の名言が飛び出しました。

そこで、個人的に特に心に響いたパク・ジニョンPDの言葉を厳選してみることにします。

パク・ジニョンPDの名言その1

「芸術は自分自身を表現することだけど、大体の参加者たちは、(オーディションを)自分の実力に対する評価だと思っている。そうじゃない。僕はただ、あなた自身の表現力が見たい」

https://youtu.be/EeuwKvHjXMA


この言葉には眼から鱗でした。

普通スターのオーディションを受けるとなったら「実力が高ければ高いほどいいんじゃないか」という価値観になると思いますが、JYPのプロデューサーは違いました。

実力よりも人格を重視する」というのがJYPのモットーであることは過去のパク・ジニョンPDの発言からも有名ですが、「自然体のナチュラルさ」を特に重視しているそうです。

というのも、スキルを機械的に徹底的に教え込まれている人は、そこに感情を乗せていく方法がわからないのでプロデュースが難しいからだとか。

まずは自然体でナチュラルな表現ができる人を探した上で、テクニックを教えるというのがJYP式のようです。

自分の声、自分の表情、自分の性格で踊って歌う、、とはどういうことなのか。

個人的には、「わざとらしくない」ということだと解釈してます。

つまり、自然体の魅力は狙って出せるものではないということ。

「あ、今この人には『評価されたい』という打算的な考えがあるな」というのはわりと見抜かれます。

ここはテクニックより、その人の習慣によって形成されたライフスタイルの問題なのかもしれません。

パク・ジニョンPDの名言その2

「歌手はダンサーのように見えてはいけません。歌手は歌手として見えなければいけません」

「ダンスや歌は見てくれる人のためにやることであり、自分のためにやることではないからです」

 

https://www.youtube.com/watch?v=o3_3roCJ9OQ&t=223s


ここも響きました。

Nizi Projectで行われたオーディションは「歌手になるため」のもの。

さらに、歌手という職業は一人で完結するものではなくて、常にお客さんありきで成立している。

自分のやりたいこと最優先ではダメなわけです。

これは「自分を犠牲にしてお客さんに尽くせ」ということではなくて、「お客さんのためにやることが自分の幸せと思えるようになれ」ということだと思います。

そういえば有名ダンサー(poppinダンサー)のカイトさんは、ダンスの大会の審査員コメントで「鏡に向かって自分の為に踊ってるチームが多かったと思います。お客さんに見せる感覚にするだけで結構変わるんじゃないかな」というコメントを残しています。

プロはしっかりここを意識してるんですね。

また、これはあらゆる仕事に言えたりしますよね。

パク・ジニョンPDの名言その3

「才能がある人が夢を叶えられるわけではありません。自分自身に毎日ムチを打って、自分自身と戦って毎日自分に勝てる人が夢を叶えられます」

https://www.youtube.com/watch?v=ep_bfRkOqOI&feature=youtu.be


この言葉が響いたのは、これを言っている本人が自己管理を25年くらい変わらず徹底している事実があるからです。

パク・ジニョンPDは、初心を忘れないためのルーティンとして、

・朝7〜8時に起床

・必要な栄養素が入った朝食を食べる(毎日同じメニュー)

・9時ごろにストレッチと運動

・11時にピアノと歌の練習

情報番組スッキリ

というのを毎日繰り返しているそうです。

これは半端ないことです。

どんなに才能があっても、それを発揮するスキルを身につける努力をしないとそれを活かせないし、毎日身体を管理しないと長く活動することはできない。

なので世の中で夢を叶えたり、結果を出している人のことを「才能がある」の一言で片付けてはいけないような気がします。

「自分には才能がないから、、」と才能を理由に何かを諦めてしまう人は多いと思いますが、その前に圧倒的努力はしたのかと。その事実に目を向けなければならないかもしれません。

あと、この方は60歳くらいになっても現役でステージに立ってそう。そんな気がします。

パク・ジニョンPDの名言その4

「自分のありのままの姿が特別だということをわかる時が来るはずです」

「1位になっても26位になっても同じように特別です」

https://www.youtube.com/watch?v=yap_EmZYyMY


オーディション参加者全員へ向けられた言葉。

これは実践が難しいところではあります。

例えば、何かのコンテストでビリだったりしたときに「でも自分は特別だ」という考えを受け入れるのって簡単じゃないです。わざわざビリになりにくる人はいないわけなので。

しかし、コンテストなどで出る結果というのは外部からの評価に依存している事実があります。

他者からの評価を得て特別視されている人だけが「特別な人間」だという価値観でそこを目的にしてしまうと、評価されなかった時はメンタルに相当なダメージを負うことになります。

それに、経歴詐称やブランド信仰、もしくは不良行為などの安直な手段に頼ってまで他者の注目を浴びるという行動につながってしまうことにもなりかねない。

なので、「他者からの評価」は、「自分の価値そのもの」とは切り分けて考える必要がありそうです。

つまり、「注目されてない普通な自分」=「無能」 とは思わないことです。


難しいですが、その一つの方法は「努力ではどうにもならないことの執着を捨てる」だと思います。

そもそも、生まれ持った自分の個性や他人からの評価は努力ではどうすることもできない領域です。

ここに執着すると二重に自分を苦しめることになる。

なので、努力では変えられないことはもう「そういうものなんだ」と受け入れていくしか道はありません。

ここさえ受け入れれば、失敗してもそれほど落ち込まずに努力していくことができるでしょう。

パク・ジニョンPDの名言その5

「みんな『自分は頑張った』と言います。しかし頑張った人と頑張らなかった人はすぐに分かります

「アヤカさんは、本当に頑張っているのが見えます」

https://www.youtube.com/watch?v=1tOgysFgTls&feature=youtu.be



努力を結果で証明した参加者に対しての称賛の言葉です。

いくら口で「自分は努力してる」と言っていても、結果が出ていないならその程度。

結局、目に見えない努力は、目に見える部分がすべて証明する。

私生活で怠けても自分以外はバレないように思えて、実はバレバレということです、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。