原付で走行する時の注意点5つ【体験談】

原付初心者

原付を買って公道デビューするんだけど、大通りとか走るのが怖いなあ、、どんなことに気をつけて乗るべきなのかな、、

 

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

原付を運転するときに注意すべきこと

今回は、こちらの5つをピックアップして順番に解説していきます。

原付で走行する時の注意点5つ

  1. 一方通行
  2. 一時停止線
  3. 雨の日の白線・マンホール
  4. 流れに乗れない
  5. 車線変更 
  6. 警察に気をつけよ

1.一方通行

f:id:coral_y:20191106062723p:plain

原付に乗り始めた当時の自分は「標識を読む」という意識が完全に欠落していました。

一方通行の道を逆走すれば当然、他の車の迷惑になります。しかし、標識自体を知らなかった自分は当然のように一方通行の道を逆走していました。

それで一度、逆走した際に対向車の運転手に怒られたことがあります。そこでようやく一方通行区間の存在を知りました。

こういった標識や交通ルールは最初から知っておかなければならないことでした。

もちろん知らない自分が悪いのですが、義務教育として全ての人に交通マナーの教育は必要なのではないか?と思ったりもしています。

※ちなみに、一方通行の区間の出口には、下の図のような「侵入禁止」の標識があります。ここでは逆走してはいけません。

これから初めて原付に乗られる方は、これを頭に入れておくといいかもしれません。

侵入禁止

2.一時停止線は絶対守る

f:id:coral_y:20191106184253j:plain
f:id:coral_y:20191106184256j:plain

標識を読むことを意識していなかった自分は、当然「止まれ」の標識や「停止線」なども意識していませんでした。

そんな危険運転を続けていたので、やはり事故を起こしてしまいました。

信号のない交差点に侵入する際、停止線を守らずにそのまま直進し、ちょうど自分の左側から交差点に侵入してきた車の前部ドアに衝突しました。

f:id:coral_y:20191107200528j:image

※道路のイメージ画像

怪我人が自分だけで済んだのは幸いですが、ぶつかった相手の車には傷をつけてしまいました。

その後から猛省し、停止線を守り、交差点には左右確認しながら侵入するようになりました。

しかし、事故ってからそれに気付くのは遅すぎました

(死角から車が来ていない保証はどこにもないのに、その確認をめんどくさがって突っ込むのは危険すぎた)

また、このことがあってからようやく「周りの車、人の動きも読む」という意識が出てきたと思います。

3.雨の日の白線・マンホールが危なすぎる

f:id:coral_y:20191106184246p:plain

雨の日の白線やマンホールはガチでよく滑ります

自分は雨の日に、白線上でブレーキをかけて一度こけたことがあります。(手首を負傷して、長い間痛みが取れなくて焦りました)

ここは本当に気をつけた方がいいと思います。

雨の日のマンホールや白線の上を斜めから侵入したり、白線上でブレーキをかけてはいけません。

極力タイヤを白線に接地させないように気をつけるのがいいと思います。

4.原付は車の流れに乗れない

f:id:coral_y:20191106184259j:plain

原付の制限速度は30km/hなので、(とはいえ30は遅すぎるので40km/hくらいまでなら許容範囲だと思いますが)大きな道路では車の流れについていくのが難しい。

それゆえ、法定速度50〜60の大きめの道路を走るとよく後ろから他の車両にスレスレで抜かれて怖い思いをします

原付は、車の流れをリードできるほどのスピードを出せないという特性上、これは仕方がない部分だと思います。

自分としては【そもそも大きな道路は極力走らない】ことが最大の自衛になると思っています。

(自分は原付を通学に利用していましたが、なんとか大きめの道路を回避するルートを模索して通るようにしていました)  

5.車線変更が怖い

f:id:coral_y:20191107203246j:image

※これは原付というより、自分が原付2種をとってからの話です。

原付に乗っている時は大きめの道路(車が通る車線が3つ以上あるような道)はそんなに走らないし、走ったとしても一番左側の車線しか通ることはありませんでした。

しかし原付2種免許をとり、制限速度30km/hから解放され、車の流れについていけるようになってからは車線変更のスキルが頻繁に求められるようになりました。

(停車している車を回避したり、右折、左折の準備のために必要な車線に侵入するスキルが求められる)

車線変更でとにかく大事なのは

  • ミラー&目視で周囲を確認
  • 周りの車に急ブレーキを踏ませるような割り込みはしない
  • ウインカーを出してから数秒おいて車線を移動する
  • よそ見は危なすぎる

という部分だと思っています。

(周囲を確認しないのはもちろん危険だし、周りの車に急ブレーキを踏ませるような無理な割り込みは自殺行為に等しい)

自分の場合、車線変更の際にミラーに気を取られているときに前の車が急ブレーキを踏み、反応が遅れ、追突しそうになったことがありヒヤヒヤしました。

(また、自分がどれだけ気をつけていても、ウインカーを出さずにいきなり目の前に割り込んでくる車なども多々いるので注意が必要)

ここは気をつけないと命に関わります

6.警察に気をつけよ

道路では常に警察が違反がないか目を光らせています。

死角に隠れて違反者をネズミ取りのように待ち伏せしていることは日常茶飯事。

「止まれ」の線では絶対にとまる

整備不良で違反扱いされないように、原付の部品の状態に気をつける。

50ccなら時速30~40キロ以下のスピードを守る。

スマホを見ながら運転しない。

時間内侵入禁止の道には近寄らない。

このあたりはちゃんと守らないと普通に容赦無く切符を切られます。

違反で捕まると5000円近い金が吹き飛び、違反点数が蓄積されて後でめんどくさいことになります。

「スピード出さないと煽られてやってられないよ、、」と言う方は、原付2種免許をとるしかないです。

原付に乗る時は本当に注意しよう

バイクは生身をさらしているわけなので、少しこけるだけで重傷を負います。

交通ルールに対する無知は、ただでさえ危険な二輪という乗り物の危険度をさらにアップすると痛感しています。

また、少しでも違反すると免許更新の時に死ぬほどめんどくさい講習を受けることになるので、無事故無違反でいたいものです。

今回の自分の知識が、これから原付に乗られる方のお役に立てれば幸いです。